岡本歯科医院

治療内容

歯周病

歯周病 歯周病とは、歯を支えている骨や歯肉などの歯周組織に起こる病気で、 歯周病の主な原因は、お口の中にいる細菌です。歯磨きがしっかり出来ていないと、歯の周囲にプラ−ク(歯垢)が付きます。 プラーク中には億単位の細菌がいて細菌が出す毒素によって周囲の歯肉が炎症を起こします。この炎症をそのまま放置しておくと、歯を支えている骨が溶けて少なくなり、歯がぐらぐら動くようになって噛むことが出来なくなってしまいます。

入れ歯

入れ歯歯が無くなってしまった場合、「出来ることなら固定式の歯を入れたい」と、どなたでも思われるでしょう。 しかしながら、様々な理由で固定式の歯を入れることが出来ない場合は入れ歯で、失われた歯を回復します。 当医院では、装着感が良く、噛みやすく、また、見た目も良い精密義歯(部分入れ歯)や、Step by Stepで作る安定した総入れ歯を提供しています。

虫歯

虫歯 むし歯は、大切な歯の働きや形をそこなう、一番の大敵です。 歯についている細菌が、食べ物のカスにある糖分を栄養にし、次第に歯を破壊しながらむし歯は進んでいきます。
  • 1.強い歯をつくる
  • 栄養バランスのとれた規則的な食事はお子さんの健康で丈夫な体をつくり、むし歯に対する抵抗力を高め、歯質のよい強い歯をつくります。

  • 2.むし歯菌を減らす
  • 歯の表面にすみついている細菌は300〜400種類もいます。またプラーク(歯垢:しこう)には1mg(湿重量)あたり1億個以上もの細菌がいます。
    このうち、むし歯の原因となる細菌は、糖分を原料にして歯の表面をとかす強い酸を出します。
    歯みがきによって、こうした細菌をできるだけ少なくします。

  • 3.甘いもののコントロール
  • 糖分は、むし歯の栄養になりますから、甘いお菓子やジュースなど、糖分の多いものをできるだけ控えるようにします

レーザー治療

レーザー歯科治療は、患者様にやさしい最新の治療方法です。
歯科用レーザー装置は数種類ありますが、その中でもこのエルビュウムヤグレーザーは、
厚生労働省が認可した歯を削ることのできる唯一のレーザーです。

・エルビュウムヤグレーザー治療の効果
  • 1.痛みがほとんどなく麻酔を使用しなくても、治療可能な場合が多い。
  • つまり、患者さんの治療中の痛みへの負担・不安が少なくてすみます。

  • 2.従来の音に対する不安が少ない。
  • 過去の治療で経験したドリルによる「キイーン」という音や 「ガリガリ」という振動が苦手な方には最適な方法です。
    レーザーで虫歯の部分だけを取り除くことができるため、健全な部分を多く残すことができます。

  • 3.機種によっては非接触で治療が出来ます。
  • 患者さんと器具が全く触れることなく、治療出来るので、衛生的です。

  • 4.殺菌・止血効果が期待できます。
  • 治療中の出血を最小限に出来るので、治療の安全性が向上します。
    レーザーの熱作用により、虫歯菌や歯周病菌を殺菌することができるため、虫歯や歯周病、歯の根の治療に効果があります。

  • 5.術後の腫れ・疼痛が少ない。
  • 痛みへの負担の少ない治療が、治療後にも継承されていきます。

  • 6.口内炎や知覚過敏の痛みを除去できる。
  • 口内炎や知覚過敏は、通常数回のレーザー治療で痛みを取り除くことができます。

  • 7.レーザー治療は、妊娠中の方や高血圧、心臓病(ペースメーカー)の方でも安心して受けられる治療法です。
  • さらに、エルビュウムヤグレーザーは、生体組織の表面の水分に反応するため、他のレーザーのような透過光による組織深部への影響少なく、安全性の高いレーザーです(様々な使用目的と効果・効能が薬事承認されているレーザーです)。

デジタルレントゲン

ベラビューエポックス歯科の診断に欠かせないものの一つにレントゲン診断があります。 当院はデジタルレントゲンが日本で容認された当初から取り入れています。 エックス線の被爆線量が従来のフィルム式に比べて1/10以下ですから人体への影響はほとんどありません。 撮影後5秒ほどでパソコンの画面に映し出されますので患者さんを待たせません。 又そのパソコン上でインプラント治療を想定したシミュレーションができますので患者さんに理解できやすいシステムです。

予防歯科

フッ素でむし歯に菌に負けない丈夫な歯現代の食生活では軟らかく、しかも砂糖を多く使った甘い物が多くなり、歯磨きだけでむし歯を予防することが難しい時代になってしまいました。 このような食生活習慣において、むし歯を予防するには、歯自体の抵抗力をつけることが必要となり、それには「フッ素」が最も有効なのです。 「フッ素洗口」には低濃度(0.01〜0.05%)のフッ素洗口液を毎日使用する方法とやや濃度を上げた(0.09%)フッ素洗口液を週一回使用する方法があります。 洗口後、口に残るフッ素の量は、私たちが毎日の食事から摂っているフッ素の約1/10の量で、身体に影響はありません。また、洗口液は、お茶や紅茶の中に含まれている自然のフッ素イオンと同じなので全く心配ありません。

小児歯科

小児歯科子供の歯は将来永久歯になっていく過程で非常に重要な役割を果たしています。 最近の小児のお口の中の傾向をみますと両極端に分けられます。虫歯がたくさんある子とまったくない子。 いろいろな要因が考えられると思いますがやはり親の歯に対する関心が現れているのではないでしょうか。 虫歯があるかないか歯列並びに咬み合わせがどうであるか又虫歯を作らないために積極的にフッ素などを取り込んでいるかどうかこれらの事をトータル的に考えていかなくてはいけないと思います。

審美歯科

近年、お口元の審美に対する要求度が益々高まっています。 当医院ではそのような要求に応えられるよう、セラミックスクラウンやラミネートベニアなどの、様々なオプションをご用意しております。

矯正歯科

矯正歯科「歯の矯正は子どものうちしか治らない」と考えている方がいらっしゃるようですが、これは間違いです。 現に当院には20代や30代の方が数多くおみえになっています。 歴史的に矯正への関心の低い日本には、歯並びを直しそこねた方がたくさんいます。 当院ではそんな成人の方の矯正を専門に行っています。 今からでも遅くありません、一度当院をお訪ねください。

インプラント

インプラントとは、歯が無くなった部分の顎の骨にチタンという金属で出来た人工の歯根を埋め込み、それを土台にして歯を入れる方法です。全身状態が健康で骨が十分であれば、インプラントは可能ですが、お口の中全体の状態を詳しく検査した上で、総合的に判断します。インプラントも最近は見た目が重視されます。特に前歯には専用パーツを使うとよりきれいです。